(183)BMW、3シリーズワゴンのボディ磨き&ガラスコーティングは当社へ

2020/09/13 ブログ

本日は、BMW3シリーズワゴンの、ボディ磨き&ガラスコーティング施工です!

磨き前の状態は、若干の小傷とウォータースポット程度でした。

上画像は、まずボディ全体を洗車をし、汚れを落としていきます。

タイヤホイール、タイヤハウスのインナーまで、手が届く所まで洗浄していきます。

洗剤を洗い流した後は、ポリッシャーが入らない角やエンブレム部分を、専用の溶剤で汚れだけを、溶かして除去していきます。

次は、ボディに付着している、鉄粉やピッチタールを、粘土でツルツルになるまで綺麗にしていきます。

鉄粉粘土取りをきっちりやらないと、あとのコーティングのノリが悪くなります。

磨き比較画像はありませんが、

磨き後、再度洗車でコンパウンドカスを除去し、ブロワーで水滴を飛ばし、マイクロファイバークロスで水分を拭き取り使いながら乾燥させていきます。

そして、上画像はガラスコーティング剤を塗布中で、塗り込み中の左側は深い色艶です。

ガラスコーティング施工完了です!

抜群に艶も増して、とても綺麗になりました!

 

保管状況やお手入れ次第で、3〜5年(ベーシック)は傷や紫外線から、愛車を守ります!

施工後は、施工証明書を発行しますので、万が一の事故などでも、保険会社に提示をすれば、再度無償で再施工可能です。

 

当社では、ガラスコーティングプランを4コースご用意しておりますので、

お客様のご要望に応じてお選び頂けます。

2020/09/13 ブログ ブログ

本日は、BMW3シリーズワゴンの、ボディ磨き&ガラスコーティング施工です!

磨き前の状態は、若干の小傷とウォータースポット程度でした。

上画像は、まずボディ全体を洗車をし、汚れを落としていきます。

タイヤホイール、タイヤハウスのインナーまで、手が届く所まで洗浄していきます。

洗剤を洗い流した後は、ポリッシャーが入らない角やエンブレム部分を、専用の溶剤で汚れだけを、溶かして除去していきます。

次は、ボディに付着している、鉄粉やピッチタールを、粘土でツルツルになるまで綺麗にしていきます。

鉄粉粘土取りをきっちりやらないと、あとのコーティングのノリが悪くなります。

磨き比較画像はありませんが、

磨き後、再度洗車でコンパウンドカスを除去し、ブロワーで水滴を飛ばし、マイクロファイバークロスで水分を拭き取り使いながら乾燥させていきます。

そして、上画像はガラスコーティング剤を塗布中で、塗り込み中の左側は深い色艶です。

ガラスコーティング施工完了です!

抜群に艶も増して、とても綺麗になりました!

 

保管状況やお手入れ次第で、3〜5年(ベーシック)は傷や紫外線から、愛車を守ります!

施工後は、施工証明書を発行しますので、万が一の事故などでも、保険会社に提示をすれば、再度無償で再施工可能です。

 

当社では、ガラスコーティングプランを4コースご用意しておりますので、

お客様のご要望に応じてお選び頂けます。